伝えたい道

信仰への道のり

万物の終り?

ペトロの手紙一4:7
万物の終りが近づいている。だから、心を確かにし、身を慎んで、努めて祈りなさい。


万物の終わりが近づいている、と言われています。
この万物の終わりについて考えたことはありますでしょうか。


万物が終わるのになぜ心を確かにし、身を慎んで、努めて祈る必要があるでしょうか?
人もその万物の1つとして終わるのに。


マタイによる福音書の13章からみると、
収穫世の終わりとなっており、
刈る者御使たちとなっております。
御使たち何を刈るでしょうか?


それは良い種と言う御国の子たちです。


御国の子たちだけ御使に刈られ天国へいけます。


御国の子になるためには何をすればいいでしょうか?
答えは聖句にあるように「心を確かにし、身を慎んで、努めて祈りなさい。」
こうすると基本的資格は得られるでしょう。


では、最後の質問です。
どうすれば心を確かにできるし、身を慎むこともできるのでしょう?
人(自分)の考えではなく、神様が望む心を確かにするということと、
身を慎むことを考えてみましょう。





天国はどこに?

天国はどこにあるか?
このことについて考えたことがありますか?


死んだら天国へいける、と考えている人はたくさん
いるでしょう。
でも、死んだら本当に天国へいけるでしょうか?


もしかして、天使が天国まで案内するとでも
思っているのではないでしょうか?


そうなことが全然起きなかったらどうします?


まぁ、死んで見なかったからわからないけど。


天国は案外私たちが生きている間、
それも、私たちの近くにくるかもしれない。


マタイ 4:17 その時からイエスは伝道を開始して,「あなた方は悔い改めなさい。天の王国は近づいたからです」と言いはじめられた


ここでイエスは天の王国、つまり天国が近づいたといわれた。


近づいた天国はいったいどんな天国なのか?
考えたことはありますか?